やむを得ない

関西経済についても本質的には同様です。
原発による電力無くしては生きていけないという原発電力シャブ漬け体質となってしまっているのは、

元々そういう国の電力政策があったからこそであって、関西の方々のせいではありません。 然しだからと言って、何も解決していないままに原発を再稼働するというのはこれまた本末転倒です。
原発についてきちんとした調査・対策・議論を行なっているまでの間、暫定的に関西経済を国が支える仕組みを考える、その間に関西経済自身もきっちりとした節電対策を考える、ということであるべきだと思います。 然し、昨年の震災時には「絆」というキーワードが飛び交いましたが、なんと脆い言葉であったかをつくづく感じます。
東北の方々の今を見て尚、「我が街の経済が立ちいかなくなるので、福島事故の解決もしていない、原因も判らない、規制庁も出来ていなくたって、再稼働しないと私は干上がってしまう」、と、人前で言い切れる時点で、最早僅か1年で「絆」は死語となったのだな、と感じます。再稼働に「やむを得ない」理由は何一つ無いと思います。