コーヒー

春に患者が増える花粉症とは、山林の杉や檜、蓬などの様々な植物の花粉がアレルゲンとなって、クシャミ・頭重感・微熱・鼻みずなどの多様なアレルギー症状を起こしてしまう病気として広く認識されています。
HMSの調査データによると、普通のコーヒーと比較して1日2〜3杯はカフェインの取り除かれたコーヒーを代用することで、驚くことに直腸がんの発症率を半分以上も減らせたそうだ。
ジェネリックという医薬品は新薬の特許が失効した後に発売されるもので、新薬に等しい成分で経済的な負荷を下げられる(薬の代金が廉価な)後発医薬品のことで、近年浸透しつつあります。
今時の病院のオペ室には、御手洗いや器械室、準備室(preparation room)を用意し、オペ中にレントゲン撮影できるX線装置を付けるか、近い所にX線装置用の専門室を用意しておくのが慣例となっている。
筋緊張性頭痛というのはデスクワークなどでの肩凝り、首筋の凝りが要因の最も多いタイプの頭痛で、「ギューっと締め付けられるような強い痛さ」「ズドーンと重苦しいような鈍い痛み」と言い表される症状が特徴です。
常時肘をついて横向きになったままTVを見ていたり、片方の頬に頬杖をついたり、踵の高い靴等を毎日履くというような癖や習慣は身体の左右のバランスが乱れる大きな原因になります。
万が一婦人科の検査で実際に女性ホルモンの量が基準値よりも足りず早期閉経(premature menopause)と判明した場合、不十分な女性ホルモンを補ってあげる処置方法で改善が期待できます。
ビタミンB1不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、主に四肢がマヒしたり下肢の著しい浮腫みなどが目立ち、症状が進行してしまうと、最も深刻なケースでは呼吸困難に至る心不全を誘発する可能性があるということです。
PCの小さなちらつきを和らげる専用メガネがすごく人気を集める理由は、疲れ目の軽減にたくさんの人々が挑んでいるからだといえます。
予防接種の不活化ポリオワクチンは、現在まで使用されてきた生ワクチンに替わり、平成24年9月1日より正式に定期接種になり、集団接種ではなく医療機関で個々に注射するスケジュール管理の必要な個別接種という扱いに変わりましたのでご注意ください。
急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)は、一番代表的な中耳炎で比較的子供に発症しやすい病気です。激しい耳の痛みや38度以上の熱、酷い鼓膜の炎症、膿が出てくる耳漏(じろう)などのさまざまな症状が発生するのです。
通常の場合骨折を起こさない位のごく小さな圧力でも、骨のある決まった個所だけに何度も繰り返して続けてかかってしまうことによって、骨折が生じてしまう事もあり得ます。
トコトリエノールの機能は酸化を遅らせる機能が殊に知られてはいますが、これ以外にも肌をきれいにする効果や、血清コレステロールの生産を抑えたりするということが確認されています。
患者数が増加しているうつ病は脳の中で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが不足することにより、強い憂うつ感、不眠なかなか抜けない倦怠感、食欲の低下、体重の減少、焦り、極端な意欲の低下、希死念慮、自殺企図等の症状が2週間以上続くのです。
一見すると「ストレス」は、「無くすもの」「除去しなければいけない」と思われがちですが、実際は、私たち人はこうしたストレスを感じているからこそ、生き延びていくことができているのです。