パリーグ

かって巨人野球を絶賛し、パリーグ野球との質の違いを理解できなかった、日本の野球ファンは、日本シリーズで巨人が西武に4タテを食らったのを見て、野球は投手と打者のみによって成り立つスポーツであることにやっと気づいた時期がある。

イチローはそのパリーグが産んだ逸材であり、野球は走・攻・守のスポーツであることを示した選手である。

イチローが渡米して以来大リーグの試合を見るようになったが、特に守備は日本の方が上だと思っていた、同時に野球は頭であり、中学時代「東大に行く子」だと担任教師に言われたイチローは判断力も素晴らしい。

その点で大リーグも、特にヤンキースは当時の巨人と同じ程度の頭であると思っている、要は遅れているのであり頑迷である、勝利は札束で買うものだと思う典型的な成金球団なのだと思う。

大味な野球の世界メジャーに参入以来、ある意味で小技な記録を塗り替えてきたイチローが、新たなる、偏見の目を見開かせ、野球の基本の眼を開かせたプレーであり、再度の挑戦であるかもしれない。