マニフェスト

また圧倒的多数を占める自公民がダメだということは、私はやっぱり究極的にはそれを選んでいる私たちがダメだということなのだと思います。

以前にも書きましたが、前回民主党が大勝したということは、国民はそもそもマニフェストなんて読んでいないことの証左だと思いますので。
衆院を通過して先ずは何よりです。
総理が政治生命を賭しても実行すると繰り返し内外にアピールしてしまった以上、 新車のプリウス最早正しいか正しくないか以前に、実行されなければ日本の国際的な信用は大きく失墜するところでした。 一方、本質論から言えば、議論百出であって当然のテーマです。
消費税は弱者虐めだという批判も聞きますが、冷静に考えれば、消費しなければ税金を収めなくて良い、つまり私たち消費者自身で納税額をコントロール可能な税金であって、一方的に取られてしまうよりも遥かに消費者に有利な税制です。 高所得者ほど、傾斜的に高い消費を行う傾向がありますので、結果的には高所得者ほど多く納税することにもなります。