一例

不整脈である期外収縮の場合、病気でなくても出ることがあるためさほど難しい重病ではないのですが、発作が幾度も再三出る場合は危険なのです。
下腹部の強い痛みをよく起こす病気の一例として、大腸粘膜が嚢状に突出する大腸憩室症、尿管などに結晶ができる尿路結石症、潰瘍性大腸炎(UC)、細菌感染などによって腹膜が炎症を起こす急性腹膜炎、卵巣の疾患など、色々な部位の病気がみられるでしょう。
お酒に含まれるアルコールを分解する働きがあるナイアシンは、苦しい宿酔に効きます。苦しい二日酔いの誘因物質と考えられているエタナール(アセトアルデヒド)という化学物質の分解に力を発揮しています。
フィトケミカル(phytochemical)の仲間であるスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリースプラウトに含まれる揮発性の有機硫黄化合物について、肝臓から分泌されている解毒酵素の効率的な生産活動を助けているかもしれないという新たな真実がわかりました。
花粉症の緒症状(鼻水、鼻詰まり、クシャミ等)のために夜間しっかり眠れないと、そのせいで睡眠不足になり、翌日目覚めてからの行動にダメージを及ぼすことがあります。
肝臓をいつまでも元気に保持するためには、肝臓の有害物質を分解する力が低くならないようにすること、要は、肝臓の老化対処法をコツコツと実践することが重要だと言われています。
お薬、アルコール、化学調味料を始めとした食品の添加物等を酵素で分解して無毒化する機能の事を解毒と呼んでおり、肝臓の非常に大事な職責のひとつであることは間違いありません。
ピリドキサールには、色々なアミノ酸(Amino acid)をTCAサイクルと呼ばれるエネルギー源を燃やすために欠かせない回路へ組み込ませるため、輪をかけて細分化するのを補助する作用もあります。
ポリフェノール最大の特長は水溶性のV.C.やトコフェロール(ビタミンE)異なって、細胞間の水溶性の部分や脂溶性部分、更に細胞膜でも酸化を予防する効果をいかんなく発揮するのです。
お年を召した方や慢性病を患っている人は、殊に肺炎を起こしやすくなかなか治らないデータがあるため、予防する意識やスピーディな治療が必要です。
汗疱(かんぽう)は手の平や足の裏、指の間などにプツプツとした細かな水疱が出る病気で、広くは汗疹(あせも)と言われており、足の裏に出来ると水虫と勘違いされる場合もままあります。
チェルノブイリ原子力発電所事故に関する長期間に及ぶ追跡調査のデータから、大人と比較して子供のほうが飛来した放射能の悪影響を受容しやすくなっていることを痛感します。
AIDS(エイズ)とはヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染が原因となって生じるウイルス感染症の病名であり、免疫不全を招いて健康体では感染しにくい病原体による日和見感染やがんなどを複数併発する症候群そのものの事を総称しています。
スギ花粉が飛ぶ春に、幼いお子さんが体温は普通なのにくしゃみを連発したり水っ洟が出続けている症状だったなら、もしかすると『スギ花粉症』の恐れがあります。
「いつも時間がない」「手間のかかるいろんな付き合いが嫌でたまらない」「あらゆる技術やインフォメーションの高度な進歩に追いつけない」など、ストレスを感じてしまう状況は一人一人違うようです。