主流のADSL

関東地方だけで開始した光回線の「auひかり」ですが、今では関東に限らず通信可能地域を急激に広げています。

NTTのフレッツ光だけしか選ぶことができなかったところでもちゃんとauひかりで快適なインターネット環境を手にすることができます。
光回線の場合、これまで主流のADSLなどアナログ回線のように、敷設された電気ケーブルの内側を電気による信号が通過する方式ではなく、光が光ファイ バーの中を通るようになっているのです。この光はもちろんすごく速いし、障害のもとになるノイズなど外的要因もないというわけです。

住所が西日本の場合だとまだ最も普及しているNTTのフレッツか加入者が増えているauひかりのどちらを選ぶべきかで決めかねているケースもあると思いますが、両方の利用料金表でじっくりと長い目で検討すれば選択に失敗がなくなるはずです。

光回線の優れた点は、接続速度がとにかく速いこと、そして速度が一定であることによって、ネットでの利用のみならずその他のメディアへの整備にいくらでもその性能を発揮するチャンスがあるし、確実に将来的には光による通信が全シェアを占めることになることでしょう。

次世代ネットワークが使われているNTTのフレッツ光ネクストについては、TV電話に代表される利用者の即時性が欠かせない通信を先行させて、高速な光の恩恵が十分に感じられる形でご利用いただくことを可能にしたテクノロジーがこれに合わせて導入されています。

コメントを残す