代表的

お薬、アルコール、増粘剤を始めとした食品の添加物などの物質を特殊な酵素によって分解し、無毒化する事を解毒と称し、多機能な肝臓の担う代表的な働きのひとつだと言えるでしょう。
アルコールをクラッキングする特徴のあるナイアシンは、宿酔に効果的な成分です。苦しい宿酔の誘引物質だと考えられているエチルアルデヒ(アセトアルデヒド)という物質の無毒化に作用しています。
紫外線を浴びると生成されるビタミンDは、カルシウムが吸収されるのを促す働きが特に有名で、血液の中のCa濃度を操作して、筋肉の機能を適切に操ったり、骨を生成したりしてくれます
結核菌(Mycobacterium tuberculosis)は、菌に感染した人がゴホゴホと「咳」をすることによって外気に放り出され、空中でふわふわと飛んでいるのを今度は違う人が吸い込むことにより次々に感染します。
前立腺はその活動や成長にアンドロゲンがとても密接に関わっていて、前立腺に発現したがんも同様に、アンドロゲン(雄性ホルモン)の働きによって大きく成長してしまいます。
1型糖尿病というのは、膵臓に存在するインスリンを分泌する働きを持つβ細胞が何らかの理由で壊れてしまうことにより、患者の膵臓からインスリンが微々たる量しか分泌されなくなることによって発症に至る種類の糖尿病なのです。
緊張性頭痛というのは肩凝りや首のこり、張りが要因の最も一般的な頭痛で、「まるでギューっと締め付けられるような激しい痛さ」「重苦しい耐え難い痛さ」と言われます。
骨折によって大量出血してしまった状況では、急に血圧が下がって眩暈や体が急速に冷えるように感じる冷や汗、吐き気、意識消失発作などの色々な脳貧血の症状がみられるケースもよくあります。
演奏会やライブなどの施設やダンスするための広場などに置かれた特大スピーカーの近くで大きな音を浴び続けて耳が遠くなってしまうことを「音響外傷(おんきょうがいしょう)」と呼んでいます。
物を食べるという行動は、食べ物を気軽に口へ入れて約20回噛んで飲み込んで終わりだが、その後体はまことにまめに機能し食物を体に取り入れるよう努力しているのだ。
ピリドキサールは、アミノ酸(Amino acid)をクレブス回路と呼ばれるエネルギー源の利用に必要な回路へ導入するために更にクラッキングさせるのを促進する機能もあります。
今、若年層で結核菌に対抗できる免疫力、すなわち抵抗力を持たない人々が多くなったことや、診断が遅れることが誘因の集団感染や院内感染の発生頻度が高くなっているようです。
アメリカやヨーロッパにおいては、新しい薬の特許が満了してから4週間後、製薬市場の80%がジェネリック医薬品(Generic drug、後発医薬品)に取って代わるようなクスリもある位、後発医薬品は地球上で採用されているという現実があります。
毎年流行するインフルエンザに合った予防術や医師による治療も含めた原則施される対策そのものは、季節性のインフルエンザでも新型のインフルエンザであってもほとんど変わらないのです。
ストレスが溜まる経緯や、便利なストレスを緩和する方法など、ストレスの詳しい知識を保有している人は、まだ少ないようです。