北海道の地で

大体カニと言うと身の部分を口に入れることをイメージしてしまいますが、ワタリガニに限れば爪や足の身のみならず山盛りある肩の身やカニミソをいただきますが、取り分け活きの良いメスの卵巣は上質です。

味付けなどなくても食べるのも花咲ガニはおいしいですが、他に大まかに切って、味噌汁で味わうというのも堪能できます。北海道の地では味噌汁にカニを入れたものを「鉄砲汁」と言う名で呼ぶそうです。

長くはないあし、ごつごつしたワイドボディにこれでもかと身の詰まっている旬の花咲ガニは食べ応えも充分です。貴重なカニですから、通販でお取り寄せする場合は花咲ガニ以外を取り寄せるより高価格になるでしょう。

塩ゆでが美味しいワタリガニはカニ下目の内のワタリガニ科に類別されるカニの全体の名前で、我が国においては小魚などを食べているガザミや白い模様が付いているタイワンガザミを代表とする日本でもよく捕れるガザミ属を示す名前となっているとのことです。

カニの中でも特殊としても有名な旬の花咲ガニ。食べる人の好みがはっきり出る少し変わったカニですけれども、興味を引かれた方はこれはぜひ味を知ってみるべきではないでしょうか。

コメントを残す