大人も十分楽しめる芸だと思った

きょうは、少し仕事があったが、それは午後からでも良かったので、11時からの大道芸を見に行くことにした。

さあ、出かけるぞと思ったら、
「門に付いている郵便受けが壊れたので、直してくれ」
ちょっと不倫調査 岩手時間があったので、グッグッとフタを嵌めたら、中が折れている事が判明。
これでは、完全修理は無理だとテープで貼って応急処置。

蒲郡までは車で約1時間ちょっとで、10:50に到着。

ごりやく市の場所はスグ分かったが、加藤みきおさんはどこにいるのか。

会場を往復したら、ちょうど準備を始めたところだった。

日差しは暖かいのだが、風が強く準備が大変そうだった。
それは、芸が始まってからも同じだった。

さて、子供たちが前の方に陣取っているが、長風船で子供たちの興味を引いている。
それに続いて、ロープの芸や子供を交えての芸が続いた。
前に出て手品のお手伝いをしている子供はちょっと緊張気味だったが、楽しそうだった。

子供たちだけでなく、大人も十分楽しめる芸だと思った。

れんぞうも楽しんだ。
あと、この大道芸の終始を写真に撮ったので、あとで送ることにした。

加藤みきおさん、また会いましょうね。