恥ずかしい

日本における恋愛・結婚には『パブリックかつ社会的な行為(既存社会に適応している常識人・一人前の人と認められたい動機)』とし ての側面が強くあり、

みんなが当たり前の行為としてできていることを自分だけがしないことは恥ずかしいという意識がなければ、『恋愛・結婚の参加率』は低 下しやすいとは言えるかもしれない。
日本では今でも男性が勤労所得の大黒柱となるジェンダーの影響力は強いので不倫調査 山梨働き始める年代になれば『正規雇用の就労率』と『恋愛・結婚の参加率』にも一定の相関はあると思われる。
10~20代前半の学生の恋愛離れの要因としては『元々恋愛に不向きな人が何度かの失恋を経験したりで無理をしてまで参加しなくなった=恋愛市場 の格差化・クラスター化』や『恋愛以外の興味関心の対象が増加・多様化した=恋愛・異性の優先順位の相対的低下やバーチャル及びポルノの氾濫』、『恋愛相 手に求める理想化された条件・特徴と現実の異性との乖離が激しくなった=メディアによる理想の上昇(情報過剰による異性の幻想の崩壊)・他者を拒絶する自 己愛の高まり』も影響しているのかもしれない。