憂うつ感

20代、30代で更年期が訪れたとすれば、医学的に表すと「早期閉経(premature menopause)」という病を指します(日本においては40歳以下の女の人が閉経するケースを「早発閉経(early menopause)」と称します)。
気分障害のうつ病は脳内の神経伝達物質の「セロトニン」が足りなくなり、強い憂うつ感、不眠疲労感、食欲低下、強い焦燥感、意欲の低下、そして重症化すると自殺企図など様々な症状が現れ、2週間以上続きます。
AEDというのは医療資格を保持していない一般の人でも取り扱うことのできる医療機器で、機器本体から流れる音声ガイダンスの手順通りにおこなうことで、心臓が小刻みに振動する心室細動に対する処置の効果を与えます。
肝臓をきれいに保持するためには、肝臓の解毒作用が低下しないようにすること、分かりやすく言うと、肝臓の老化対処法を迅速に実行することが効果的だと言われています。
スギ花粉症などの病状(鼻水、酷い鼻詰まり、くしゃみなど)のせいで夜しっかり睡眠を取れないと、それが因子になって睡眠不足の状態になり、翌日起きてからの業務内容に思わしくないダメージを及ぼすこともあるのです。
ストレスが溜まっていく構造や、便利なストレス対処法など、ストレスに関係している初歩的な知識を学ぼうとする人は、まだ少ないようです。
体脂肪量(somatic fat volume)にはさして変化がみられず、体重だけが飲食や排尿などで短時間で増減するような時には、体重が増加したら体脂肪率は下がり、体重が減れば体脂肪率が上昇します。
まず間違いなく水虫といえば足を思い浮かべ、中でも足の裏や指の間に発症する皮膚病として知られていますが、原因菌である白癬菌が感染する所は決して足だけではなく、全身どこにでも感染してしまうという恐れがあるので気を付けましょう。
チェルノブイリ原発の爆発事故のその後の後追い調査のデータからは、大人に比べて体の小さな子どものほうが分散した放射能の有害なダメージを一段と受けやすいことがわかっているのです。
めまいが診られず、しつこい耳鳴りと難聴の2つの症状をいつまでも繰り返すパターンのことを区別して「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メニエール(メニエール氏)病」という名前で呼ぶ症例があるのです。
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)は皮脂分泌の異常が原因で出現する湿疹で、分泌の異常の因子としてアンドロゲンとエストロゲン・ゲスターゲンのアンバランス、V.B.複合体の慢性的な欠乏等が考えられているのです。
最も大きな臓器である肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが付着した脂肪肝(しぼうかん)は、動脈硬化や糖尿病に始まるいろんな疾病の因子となる可能性が高いといわれています。
「体脂肪率」というのは、人体の中の脂肪が占めているパーセンテージのことであって、「体脂肪率(percent of body fat)=体脂肪量÷体重(キログラム)×100」という計算によって分かります。
自転車事故や建築現場での転落など、大きな負荷が体にかかった場合は、複数の部分に骨折が齎されてしまったり、骨が外部に露出する開放骨折となったり、酷い場合は内臓が負傷してしまうこともあり得ます。
鍼を痛みの発生源に刺す、というフィジカルな無数の刺激は、神経細胞を活性化して、神経インパルスという名の要するに電気信号伝達を発生させると言われているのです。