日本の企業

中途採用を目指すなら「採用されそうで、経験も積み上げられそうな会社」なら、とりあえず入社したいものです。ほんの小さい会社だろうと気にしません。

仕事上の「経験」と「履歴」を手に入れられれば大丈夫です。
通常の日本の企業でいわゆる体育会系の人がよしとされるのは敬語がちゃんと身についているから。体育会系といわれる部活動の世界では、常に先輩後輩の関係がはっきりしており、意識しなくても自然に身につくのです。

毎日の就職活動を休憩することには弱みがある。今なら募集をしている会社も応募できなくなってしまうケースもあるのだ。
面白く業務をしてもらいたい、少しずつでも良い扱いを割り振ってあげたい、優秀な可能性を呼びおこしてあげたい、レベルアップさせてあげたいと雇っている方も思っているのです。

企業の人事担当者は隠されたコンピテンシーを読み取り、、「企業に有用で、役に立ちそうな人か?」、真面目に選び抜こうとするのだ。そういうふうに思うのだ。