日本の国家資格

どんな問題にも「法律をモノサシに思考でモノを考えられる者」かそうでないのかを判別するような、著しく難易度が高度な試験にチェンジしてきたのが、近年の行政書士試験のリアルな現状といったように見えます。

日本の国家資格のうちでも最上の難易度が高い司法書士試験の中身は、合計11分野の法律のうちより数多くの問題が出題されるものなので、合格したいなら一年越しの学習量が要必須です。

試験システムの見直しにあたりまして、これまでの運任せの賭け事的要素が無くなって、極めて技能の有無を見られる難易度の高い試験へと、行政書士試験は改められたのです。

毎回、司法書士試験の合格率の数値は大体2~3%程度でございます。長いスパンに渡る試験勉強時間との両者のバランスの様子に注目すると、司法書士国家試験がいかに高い難度であるかご想像いただけるかと思われます。

現実国家試験の税理士試験の合格者の合格率はおよそ10%程度と、難関試験とされている割には高めの合格率となっています。だとしても、たった一度きりで合格を実現するのはほぼ0%で受かる可能性が低いと言われている様子です。