細胞分裂

「恐竜と闘ってきた原始人と人間と刀で戦っていた宮本武蔵って圧倒的に武蔵のほうが弱いじゃん!!」 宮本武蔵は剣術者として有名だが、それ以外でも戦略家でもあった。

著作である『五輪の書』は剣術指南書と言うより、その心得や戦術のほうが主として置かれている。 あと、 蟹 通販漫画などでクローンと言うと同じ姿で性格の『人間複製』と思われがちだがそうではない。
確かに遺伝的には同じだが、クローンも赤ちゃんから成長する。 例えば、私のクローンを作るとする。
そのクローンの受精卵は代理母の子宮で普通の赤ちゃんと同じように細胞分裂などを繰り返し赤ちゃんになる。 生まれたばかりの私のクローンの赤ちゃんは私の赤ちゃんのころと同じだ。
ただ、性格などは環境によって変わるので、太っている私を反面教師にしてスポーツに精を出しパリの一流モデルになっているかもしれない。 同じように武蔵のクローンを作っても、しばらくは戦えないだろうし、成長して戦えるようになっても平和主義者で刃牙たちを非難するかもしれない。(それはそれで面白い)