膵臓

下腹の激しい痛みの元凶となる疾患には、大腸の壁が飛び出る大腸憩室症、尿管などに石ができる尿路結石症、炎症性腸疾患のひとつである潰瘍性大腸炎、夜間でもすぐ救急にかかった方が良い急性腹膜炎、女性特有の疾患などがまず挙がるようです。
自転車の転倒事故や屋根からの滑落など、とても強い外力が体にかかった場合は、複数の個所に骨折が生じたり、骨が外部に露出する複雑骨折となったり、重症の場合は内臓破裂してしまうこともあります。
1型糖尿病という病気は、膵臓に存在している血糖値を下げるインスリンを分泌するβ細胞が何らかの理由で破壊してしまったために、膵臓からは大半のインスリンが分泌されなくなることで発症してしまう自己免疫性のタイプの糖尿病なのです。
3種類のアミノ酸からできているグルタチオン(GSH)には、細胞の機能を衰退させたり突然変異を誘発する人体に有害な物質を体の内部で解毒し、肝臓の動作をより強化する特長が確認されているのです。
アルコールを無毒化する力のあるナイアシンは、嫌な二日酔いに大変有効です。苦しい宿酔の素因だといわれるエタナール(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という物質の分解に力を発揮しています。
「あまりにも多忙だ」「わずらわしい様々な人間関係が嫌で仕方がない」「あらゆるテクノロジーやインフォメーションのめざましい高度化になかなか付いていけない」など、ストレスを受けやすい素因は人によって異なります。
環状紅斑というものは環状、所謂輪っかのようなまるい形をした赤色の発疹など、皮ふ疾患の総合的な病名で、その理由はまったくもって多種多様だといえます。
胸焼けが特徴である逆流性胃腸炎は、食事の欧米化に加えて喫煙・アルコール・体重過多等の生活習慣が悪化したこと、ストレス等に縁って、ここ数年日本人に増加しているという疾患の一種です。
消化器科の領域である急性腸炎(acute enteritis)は、ほとんどの場合腹痛・吐き気・嘔吐・腹下しの症状がみられる程度ですが、細菌感染による急性腸炎の場合はものすごい腹痛・ずっと続く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・下痢と同時に高い発熱が違いだといえます。
塩分と脂肪の大量摂取をやめた上で軽い運動をおこなうだけでなく、ストレスの多すぎないような毎日を意識することが狭心症の元凶となる動脈硬化を未然に防ぐポイントなのです。
今時の病院のオペ室には、手洗い場や器械室(apparatus room )、手術準備室を設置し、手術中に撮影するためのX線装置を設けるか、近辺にレントゲン撮影のための専門室を用意しておくのが一般的だ。
基礎代謝(Basal Metabolism、BM)とは人間が何もせずに横たわっていても消費してしまう熱量のことですが、大方を身体中の骨格筋・一番大きな内臓である肝臓・多量の糖質を消費する脳で消費すると考えられているようです。
「体脂肪率(percent of body fat )」とは、体の中の脂肪が占有している比重のことで、「体脂肪率(percent of body fat)=体脂肪の量(キログラム)÷体重(キロ)×100」という計算で求めることができます。
バイキンやウィルスなど病気を誘引する病原体が肺の中に忍び入り罹患してしまい、肺の中が炎症反応を起こしている境遇を「肺炎」と言います。
脂漏性皮膚炎という皮膚病は皮脂分泌の異常により出る湿疹で、皮脂の分泌が異常をきたす要因として男性ホルモンとエストロゲン・ゲスターゲンのバランスの崩れやリボフラビンなどビタミンB複合体の慢性的な枯渇などが関わっています。