見積もり

近隣への引越しの件数が多い会社、日をまたぐような引越しがウリの会社など十人十色です。

それぞれの会社から見積もりを用意してもらう状態では、大変非効率的です。
少なくとも2社以上の見積もり料金を入手できたら、きっちり比較し、調べましょう。このシチュエーションであなたの絶対条件をクリアできる引越し業者を引き算方式でツバをつけておくとうまくいくでしょう。

空調設備の壁からの分離や壁との合体で追加される料金などは、見積もりをお願いする時に、多数の引越し業者にヒアリングして、「付随する料金の内容」を比較する人が多いようです。

引越し料金の計算方法は日・月・火・水・木・金・土のどれに決めるかでもだいぶ差がつきます。希望者の多い週末は値上げされている状況が大方なので、低料金で行いたいと考えるのであれば、週日に決めるべきです。

結婚などで引越したいと考えている時、それがカツカツでない様子ならば、可能な限り引越しの見積もりを作成してもらうのは、引越しシーズンが過ぎるのを待つということがマナーです。