調子やリズム

何度も何度も声に出す訓練を続けて行います。

このような場合、音の調子やリズムに気を付けて聴き、正確に似せるように心に刻むことが重要です。
「人が見たらどう思うかが気になる。外国語を話すっていうだけで不安になる」ほとんど日本人だけが保有するこのような「メンタルブロック」を解除するだけで、英語自体はたやすく話すことができるだろう。

通常英会話には、ともかく文法や単語を記憶することが重要だと思われるが、最初に英会話をするための目標を着実に据えて、無意識の内に張りめぐらせている精神的障害をなくすことが肝要なのである。

オーバーラッピングというやり方を何度も練習することによってヒアリング力もよくなる要因は2つ、「発音できる言葉は捉えられる」ためと、「英語自体の対応する速度が上がる」為の2つです。

そもそも英会話に文法は必要なのか?といった応酬は絶えずされているが、俺がつくづく思うには、文法を勉強してさえいれば英文読解の速さが飛ぶようにパワーアップするから、後で楽することができる。

コメントを残す