選挙権も得るなら

最後に、この手の議論や外国人参政権の議論の際に必ず目にするのが「税金払っているのだから外国人にも権利がある」という論調ですが、これには私は明確に反対です。

社会的権利は納税とは基本的に全く関係無い、というのは世界的に共通する認識だと思います。 外国人だからダメ、 でも日本国籍を取得して日本人になり選挙権も得るなら、生活保護も他の権利も惜しみなく与えますよ、 という要素がある法案なので090金融 取り立て、賛成しかねます。
御指摘の通り、 問題は日本国籍を取得させることではなく、 生活保護条件や受給中にステップアップするための体制のほうですね。 やたらと受給基準を厳しくしても救われない日本人が餓死しては意味がありませんし、経済活動できる能力や基盤作りを支援すべきと思います。
私は先ずは受給が本当に必要な人とそうでは無い人を見極める体制作りと、並行して生活保護から脱却する為の支援体制の充実化、に優先的に取り組むべきではないか、と感じます。