金輪際

放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。

一  公安及び善良な風俗を害しないこと。
二  政治的に公平であること。
三  報道は事実をまげないですること。
四  意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。 この条文を読めば明らかなとおり、大越キャスターの発言は、第三項違反であることは明白である。
百歩譲って諸説あるというのならば、不倫調査 横浜それでも二項及び四項に違反しているのではないのか?   しかし、さすがは朝日である。中韓に都合の良い方の明白な違反には一言も触れずに、単なる間違いの指摘でも、中韓に都合の悪い方のことには無理やり違反に 持っていこうとする。
本当、「慰安婦問題」という世紀の大嘘を報道し、今も訂正も謝罪もしないク○新聞だけのことはある。   さて、本来のNHKの方であるが、この大嘘報道を訂正・謝罪するまでは金輪際、受信料なんか払うものか。